どうして会社設立をするの 

 独立開業をお考えの際、ほぼ必ずと言っていいほど頭をよぎるのは個人事業でするのがいいのか、それとも会社設立をするのがいいのかという点ではないでしょうか。
  最初は個人事業で十分という意見もあれば、書店に足を運べば必ず会社設立の手続きやメリットの本が所狭しと並んでいます。
独立開業にあたって会社設立をする意味とは何なんでしょうか。
ここでは、主に信用と責任の面から会社設立のメリットを述べていってみたいと思います。
税務の面もありますがここでは割愛します。

 まず信用面です。
会社設立をすることによって取引上の信用は全く、天と地ほどといってよいくらい異なります。
たとえば、異業種交流会などに参加した場合、少し慣れている人であれば名刺に、株式会社や合同会社などと書いてあるか、書いていないかで全く対応が異なる場合さえあります。
取引をするにあたって会社でなければ信用できないから取引をしないという会社もたくさんあります。
もちろん最終的には、能力や個人的な信用が最も大事であることは間違いありません。
しかし会社設立をしているかいないかだけで、重要な取引先を逃してしまうことも十分あり得るということです。
 会社設立は信用面でしておくにこしたことはありません。

 次に責任の面です。
これは会社設立の非常に大きなメリットと言えるでしょう。
 例えば、あなたが建設業を営むと仮定して、材料として500万円の資材を購入したとします。
しかし運悪く工事が工程通り進まず、工事施工の入金がある前に材料代金の支払い期日が来てしまったとします。
工事代金が入金されていない状況で500万円など到底払うことはできません。
大変残念ながらあなたの建設業は資金のショートで倒産してしまったと仮定します。
この場合、会社設立をしていれば500万円の代金は会社にある財産で支払えるだけ支払えばそれ以上の責任は原則として負う必要がありません。
しかし会社設立をせず、個人で取引をしてしまっていた場合、建設業をたたんでも500万円は個人の仕入れですから、個人として破産しない限り、支払う義務があります。
このように会社。
株式会社と合同会社、そして合資会社の一部に限りますが、会社の債務は会社財産の限度で責任を負えば良いという仕組みになっています。
これが会社設立の責任面からみたきわめて大きなメリットと言えるでしょう。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans