離婚調停の流れとメリット

離婚調停とはどのようなものでしょうか。もしも離婚を考えるようになると、まずは当事者間で離婚の話をするでしょう。それで合意ができれば離婚届を作成・提出し、離婚が成立ということになります。これは一般的に協議離婚と呼ばれています。しかし、当事者間あるいはそれぞれの代理人の話し合いで離婚の合意に至らない時、もしくは当事者間の話し合いができない時はどうすればいいのでしょうか。そこで次の手続きとして離婚調停に進むことになります。

日本の法制度において、協議離婚ができないからといってすぐに家庭裁判所で裁判をすることはできないことになっています。いきなり裁判という強硬な手段で離婚するのではなく、まずは調停の場で話し合いをし、裁判は最終手段というのが日本の法制度における方針なのです。離婚調停の申し立てをすると約1か月程度で家庭裁判所から呼び出し状が届き、指定の日時に家庭裁判所に行くことになります。非公開の調停室で調停委員2名が当事者の言い分をそれぞれ別々に聞いてくれます。

調停の場では当事者の控室も別になり、当事者同士が顔を合わせることは基本的にありません。調停により離婚が成立するまでにかかる期間は3カ月から半年程度が多く、ある程度の時間がかかります。しかし離婚調停で離婚すると調停証書が作られ、この調停証書に記載された合意事項は訴訟による判決と同等の効力があり、従わない場合は強制執行力が及ぶために金銭上の取り決めがある場合はメリットが大きいと言え、そのメリットを利用するために離婚調停を選択する人もいるようです。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans